桜梅桃李



せつないとき

c0234001_2081090.jpg

図書館嘱託員の勤めもそろそろ二年になる。

選書やレファレンス(本の検索や提供、質問への回答)からクレームへの対応まで
面白いこと・大変なことはすべて職員さん(公務員)がやるので、嘱託員の仕事は
ほとんどその補佐である。

本が好き。図書館が好き。サービスが好きなので続けているが、官庁の仕事は創造性に
乏しいなと思う。几帳面なひと向きな仕事なので自分には向いているとも思えない。

でも私のいる児童室は、館内でも一番ハートが感じられる場所であり、多少は
創造性を発揮できる。あとどれくらいここに居られるかわからないけれど、
苦手なチームワークを育てる好機だと思っている。

嘱託員には勤続10年以上の先輩がゴロゴロいるが、素晴らしいのはキャリアが
あってもなくても関係性がフラットなこと。至らないと当然注意を受けるが、
嫌味や小言を言うひとはいない。職員の方々も偶然なのだろうか立派な方が多い。
私はここで少しは官庁を見直したといっても過言ではない。

夕方、返却カウンターに座っていたら、高齢の紳士がやってきた。
80代半ばぐらいであろうか。品よく謙虚で教養のある雰囲気の方である。
一連の対応が終わったところで男性曰く、「少しばかりお知恵を拝借したいのだが…」とのこと。
携帯メイルで宴会への出欠の返事を出したいのだが、どうすればよいかわからないと仰る。

ケチ臭いようだが、それは図書館の奉仕の範疇ではない。
やって差し上げたいのはやまやまだが、そのせいで仕事が滞ると流れが止まってしまう。
高齢者の中には、話し相手を求めて無為な質問を繰り返す方も居る。
取りあえず携帯電話のサービスカウンターへ行くことをお勧めした。

携帯と取説を持参してはいたが、使用することこともほとんどなくメイルアドレスの
存在も知らない風であった。見送ってからもしばらく頭から離れない。
ああ、代わりにやって差し上げられたらどんなにいいだろう。
せめて丁寧に詫びるべきではなかったか。

勝手な願いだが、その紳士が携帯電話の操作を習得できたら嬉しい。
きっと世界は広がるだろう。
もしも小さな職場であったり、個人事業だったり、あるいは通りすがりだったら…
私はきっとメイルの代行をしただろう。

サービスとはなんだろう。専門性とはなんだろう。
そのようなささやかな、簡単な必要性に応えられない立場がうらめしかった。
その紳士は常識はずれかもしれないが、悪くはない。自分も悪くないんだろう。
だけど…

日々こんなことにいちいち揺れながら、今日も一日が終わろうとしている。
[PR]
# by udonge7030 | 2014-01-06 20:57 | どんげがゆく!

もらってばっか

伴侶には悪いが、(子どもを除いて)一番大事なのは誰かと問われたら、母親と答えるだろう。

年末に実家へ「もし布団が余っていたらちょうだい」と頼んだら、作って送ってきた。
布団やさんに注文したのだという。当然、手作りのおせち料理も一式付いていた。

わが母は無名だが、スーパーマザーである。
努力のの字は母のためにあるようなものだ。
ピアノや日本舞踊…自分にできなかったことをなんでもあたしにさせた。
母であることの歓びと悲しみを誰よりも噛みしめて生きてきた昭和の女。

でも、あたしは本当はもうなにも要らないのだ。

年末年始に、関係があまりうまくいっていない義母の気力の衰えを感じた。
いつもかならず嫌味を言うのに、なにも言わないので心配になってしまった。
きっと伴侶にとっても一番大切なひとは、やっぱり義母なのだろうと思う。
お義母さんには敵うまい。どうして今まで気づけなかったのだろう。

幾つになっても満たされない。幾つになっても寂しい。
好きなひとと結婚しても、子どもを何人産んでも、好き放題やってても渇望してる。
四十年余り生きてきて気づいたことはこんなだったよ。

がしかし、ひとりでいてもほんのり楽しくて、みんなといても群れず引きこもらず、
嫌なことは嫌と言えて、好きなことは好きと言えるなら上等じゃないか。

これで親孝行できたなら、言うことなしである。

c0234001_14515572.jpg

[PR]
# by udonge7030 | 2014-01-05 14:59 | 日々のあわ

更新!

c0234001_1052132.jpg

夜、スーパーへ買いものへ出かけて戻ったら伴侶がいない。
あたしがなかなか戻らないので、心配して捜しに出かけたという。
なるほど、携帯電話も持たずに出かけたあたしが悪いんだろう。

ここのところ飼い猫は進化し、物干しざおの上を歩くので洗濯物が汚れてしまう。
ついでに干してある布団の上ものしのし歩くのでイラっとする。

がしかし、頼んでもいないのに心配してくれる愛情過剰な伴侶より、
なんにもしてくれないどころか、手がかかってしょうがない猫のほうがずっと好きだ。

そう言ってもニコニコ笑っている伴侶は大きい。
やっぱりアンタには適わないな。

今年も契約更新いたしましょう。よろしくね。


c0234001_10243240.jpg
[PR]
# by udonge7030 | 2014-01-03 10:25 | 日々のあわ

友だち以上

c0234001_15364188.jpg

もう4、5年経つだろうか。
図書館嘱託員の傍ら、訪問介護と自立支援の仕事を続けている。
年数だけは重ねているが、週1~2回同じひとの支援に入っているだけなので、
相当の実力は伴っていないと思う。

そのひとは、ひとりで外出も家事もできない。
持病以外にも大病をし、毎日多量の薬を飲んでいる。
被害妄想が酷く、なんでも<敵>のせいにしてときどき怒鳴る。

とは言っても、敵は仮想の人物なので、あたしにはすこぶる優しい。
たとえば料理の味がいまいちでも、敵がいたずらをしたということになって
しまうので、おわびをしても受け止めていただけない。

条件だけ箇条書きにすると、難しく面倒くさい感じがするだろう。
確かに独特の価値観やルールがあるので手がかかるし、わがままでもある。
反面気丈でユーモアがあり、いつもひとの心配ばかりしている。
いろいろなことを教えてくれるし、「ひとのせいばかりにしている自覚」もあるのだ。

そして、半径80センチのことはたいてい自力でできる。
排泄、字を書くこと、歯磨き、食事。
自力の移動は苦手だが、残っている能力で人の手を借りながら時間をかけて
動く様にはいつも感動する。

そのひとの楽しみは、車椅子での「外出」と、「食べること」だ。
上の部屋には敵が住んでいて、毎日毒が降ってくるという。
外出している間に、敵に部屋を荒らされるのは嫌なのだが、買いものがてら
道端の花を見たり、雷にびくびくしながらスピードをあげたり、ウィンドウショッピングを
したりと一緒に季節の移ろいを感じるのは楽しい。

ひとの好き嫌いが激しく、被害妄想が高じて介護士を切ってしまうことが
しばしばあり、ケアマネージャーはてんてこ舞いしている。
付き合いは長いけど、あたしもいつ切られるかわからない。

大地震の日、ちょうど支援で一緒に居た。
ささやかだけれど、忘れられない記憶がたくさんある。
一緒に笑ったこと、泣いたこと。怒られたことなんて数知れず。

仕事だけれど、ある意味友だち以上。甘えるけど、満たしつくさない。
いつかいのちが果てるまで、嫌われない限り、物理的に距離ができないかぎり、
(ときどき嫌にもなるけどね…)支援を続けられたらなあと思う。

先のことなんてわからない、約束なんてできないけれど、密かにそう思っている。
[PR]
# by udonge7030 | 2013-12-31 15:37 | 日々のあわ

のんきです

c0234001_8343859.jpg



























単身、息子の第一志望の学校説明会へ行く。

息子は受験に熱心ではない。
今まで参加した説明会では、父親が同行し目をキラキラさせていたらしく、
「父さんと行くのはもういやだからね」と言う。

学校が少し遠いと、「行きたくねー」と言う。
も少し上のレベルに行けそうだから目指したらどう?
(あたしだったらそうするんだけど…)彼にはそういう考えはないらしい。

エンジンがかかるのが遅く、それは親の責任でもあるのだが、
担任の先生も心配なのかいろいろな情報をくださった。
わたしたちは本当に恵まれていると思う。

最近の子どもたちは、友だちにも志望校を言わないらしいが、
今朝は保育園が一緒で部活が一緒で、たまたま塾も一緒で
同じ志望校の友人と連れ立って模試へ出かけた。
「お昼になに食おうかな」それだけを楽しみに。

さて、先日の学校説明会は素晴らしかった。
生徒たちによる部活紹介が圧巻で、講堂の舞台の上で踊る、宙返りする、
パスする、スマッシュ、面胴小手! きゃ~
面白くて可愛くて、こころはたちまち昭和へワープ☆
楽しかった高校時代が蘇ってきた。

程度は中の中だが、なんでも部活動が盛んで、中でも合唱部が強いらしく
大トリで男子だけの短いけど気の利いた和声を披露してくれた。

この子たちは東大へは行けないだろうけど、生きてるって感じがする。
こんな合唱部なら入りて~
と思ってしまったが、息子には黙っていやふ。

今年やるべきことは、とりあえずおしまい。
思えば遠くきたもんだ… (by中也)
[PR]
# by udonge7030 | 2013-12-15 09:24 | 日々のあわ


酒と 歌が あるから