桜梅桃李



曲がり角

大雪が降って子どもたちは駆け回り、何度も着替え、
寒いと言っては何度もお風呂に入り、洗濯物は乾かず…

がしかし、雪はあたしのエネルギー源。
わわわーい! みしみし踏み固めながら街をぐるりと一周、不在者投票へ。

その後、暖かな隠れ家で『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』(新潮文庫)を読む。
村岡花子は『赤毛のアン』を訳し、日本に紹介した女性である。
作者は、村岡氏の孫にあたる村岡恵理さん。

まだ半分ほどしか読んでいないのだけど、当時の出版や文学事情が分かり、
登場人物の情熱に目を瞠る…なかなか読みごたえのある伝記です。
いま読んでいるのは1923年、関東大震災のあたり。

この頃はまだ普通選挙でさえ行われておらず、日本において女性の参政権が
獲得されるのは1945年。(今知った…)
今日の権利は先人の計り知れない努力の賜物。
ああ、生きてるうちに女の都知事とか女の総理大臣とか見てみたいもんだ。

それよりも母性的なおじさん、つまりはおばさんおじさんが増えると明るい。
おじさんおばさんも悪くないんだけど、おばさんおじさん熱烈歓迎!
(その前に自分の母性をなんとかしなさいよ…)

ここで『赤毛のアン』の一節を。

いま曲がり角にきたのよ。
曲がり角をまがったさきになにがあるのかは、わからないの。
でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの。


折々思い出す大好きなことばだ。
とりあえず、今晩のおかずのてんぷらをていねいに。
[PR]
# by udonge7030 | 2014-02-08 17:01 | 日々のあわ

波風

c0234001_15285331.jpg



























あるひとに久しぶりに会った。
案外近くに住んでいるが、ここのところまったく念頭になかったひとだ。

そのひとは『半沢直樹』の世界にいたが、出向先で辛い思いをし、早めに定年を迎えた。
その後引きこもり、どんどん不潔になり、風呂は半年以上入らず。
着替えは月に一、二度、髪もひげも伸び放題で『猿の軍団』(70年代のテレビドラマです)
みたいな外観。すっかりお爺さんになっていて驚いた。

本人曰く、やりたくてやっているのではないと言うが、それ以上は語らない。
適した薬があれば快方に向かうのかもしれないが、病院へ足を向けないのだから
どうしようもない。

美人の奥さんは、いっぱいいっぱいの様子だった。
しかし、そんななりでもそのひとは相変わらず優しく、声を荒げたことなど
一度もないという。知性や社会性には問題がないのだ。
引きこもりと不潔は確かに問題だが、現にこうしてあたしを迎えてくれたじゃないか。

あの、アドバイスじゃなくて素朴な意見なのですが。
本人がいない時間、奥さんにこう言った。
ご主人ではなく、仙人かゆるキャラだと思うってのはいかがでしょう?
奥さんは怒らずに、びっくりして、笑ってくれた。

そして、本人にはしつこく言い寄って、髪とひげを切らせてもらった。
裁ちばさみで、娘のような、母親のようなきもちで毛を落としてゆく。
こんなやりかたがいいのかわからないが、不潔だからとか奥さんが可哀想だから
ではなく、やりたいからやるのだ。

これは吉本ばなな氏の小説の一文
ただ、もうそのひととしかできないことだけしか、したくないのだ。
まさにその心境だ。

そのひととしかできないお喋り。そのひととしかできない秘密の遊び(笑)。
そのときしかできない食事。そのときの最善の行動。
すべて一期一会と言ってしまえばそれまでだが、普段から磨きをかけていないと
いざというときのはたらきは生まれない。

特殊能力があるわけではない。ただのおせっかい。
たくさんのひとに影響を与えることはできないが、「務め」を果たすことはできる。
それは湖に小石を投げるようなささやかさ。
元の木阿弥かもしれない。でも、少しの気休めにはなるんじゃないかな。

そのひとは、見違えるように男前になった。
以前と変わらず、きれいな目をしている。まだらの髪もよく似合っていた。

ずうずうしかったかな…
そのひとにどう思われたかはわからない。

活動的なそのひとを見たい、とあたしも思う。
しかし、そのひとが真面目に働いてきたお蔭で、いまは悠悠自適の生活だ。
子どもも自立し、孫を連れて遊びにやってくるという。驚いたことに、仙人みたいな
なりでも、お孫ちゃんは懐いているという。(きっといいお嫁さんなんだろう。)

家族の病気は、本人が潜在的に望んでいる場合があり、病人がいるお蔭で
全体のバランスが取れている場合もあるものだ。
渦中のひとは苦しいだろうが、長い目でみたいとわからないこともある。

そのひとは、さっぱりした頭とあごを撫でていた。
帰るときには、玄関の外へ出てきてしばらく手を振ってくれた。
その夜、半年ぶりに入浴したという。あくる日はゴミ出しをしたそうだ。
気休めだとしても、やっぱり嬉しい。

ひとは、自分以外の人生に対して、責任をとることはできない。
しかし、関わってしまったひとに対しては、責任感が生まれる。
そのひとが、こころの片隅に住み着いてしまう。
そうやって少しづつたましいの空間が拡がってゆくのだ。

だから、あえて波風立てていこう。
揺れながら、恐れずにいこう。
未来の誰かと、未来の自分を信じて。
[PR]
# by udonge7030 | 2014-02-04 15:29 | どんげがゆく!

素朴なひと

c0234001_204330100.jpg息子の作品



























今年はTさんからの年賀状が来なかった。

こちらからはほとんど出さないのだが、滅多に会わないひとや
ずうっと会っていないひとには丁寧な葉書を出している。
なので、こちらの近況を記して投函した。

Tさんは、毎年決まって干支の水彩画の年賀状をくれる。
毎年同じタッチで、文章も短い簡素なものであるがすごいのは
なんといってもすべてが手描きなのである。

結婚する少し前に、Tさんの画のモデルになったことがある。
律儀にモデル料もくれたうえ、仕上がった画も贈ってくれた。
その真心にはシビれたが、パッとしない絵であったので長い間しまってある。

さて、Tさんから近況が届いた。母ひとり子ひとりで暮らしているのだが、
昨年母上が入院し、家業は立て込み、胃を壊して痩せてしまったと書いてある。
Tさんは背が高くもともと細身だが、実業団でサッカーをやっていたらしく、
筋肉質である。そのうえ絵も上手で優しくて…となると相当モテそうであるが、
顔つきはラクダに似ているのだった。

性格ははっきりしているが態度は鷹揚で、カッコいいとはいえないけれど
一緒にいると和んだ。美術館へ行ったり、彼の絵の個展の手伝いをしたこともある。
お節介に友人を紹介しデイトさせたこともあったが、結局独り身だ。

お見舞いに早速お腹によさそうなものを見繕って送った。
節分の豆と板チョコ一枚もつけた。

数日後、Tさんから茶封筒に白無地の便箋が届いた。
おまけに彼の工房で作られた革製品のカードケースも入っていた。
「オリジナルのカードケースです。知りあいのお年寄りの方にでもどうぞ。
ご主人によろしく」

…まったく。ご主人ってアンタの友だちでしょ。
お年寄りにって、あたしにじゃなかったのかい!


独特のリズムの素朴すぎる手紙を読んで、伴侶とゲラゲラ笑った。

Tさん、調子がよくなったら、また一緒に飲もう。
お母さまにもよろしくね。
[PR]
# by udonge7030 | 2014-01-22 21:34 | 日々のあわ

辛い事故がきっかけで退職、夫婦関係も破綻し長患いの友人とお茶を飲んだ。
求職中だが、なかなか仕事が決まらないという。がしかし、あまりヘコんでおらず、
むしろ今までになく朗らかだ。驚いたことに、彼女は恋をしていたのだった。

バツイチ同士。相手は幼なじみで申し分ないひとだけれど、仕事が超多忙なうえ
恋人がいるらしい。友人は言う。もう恋なんてしないと思っていたのにね。
いま、彼が好きというきもちに正直な自分がとっても好きなんだ。

はじまったばかりの欲のない恋は、自己肯定感を高めてくれるのだ。

お蔭で薬の量も減ったらしい。
天然のホルモン剤は、なによりの良薬だ。

恋、うまいこといくこといいな。でも、のぼせ過ぎると痛いからほどほどにね。
3Dの恋はアイドルにキャアキャアいってるのとは違うんだから。
でも、なんにもないより痛いめにあったほうがいいのかな?
え~い! なんでもいいから彼女にとって一番いいようにしてください(祈

思うに、たいていの女はどきどきやワクワクよりも、信頼や安心を求めている
んじゃなかろうか。がしかし、たいていの男はそれに気づいていない…
ような気がする。それって、あたしがファザコンだからそう思うんだろうか。

誰かさんのように いい歌はしらない
気持ちがブルーなとき お前の名をつぶやく程度さ
それで どうなる訳でもない

『たとえばこんなラヴ・ソング』 RCサクセション

こんな歌をぐるぐると口ずさんでしまう睦月。
[PR]
# by udonge7030 | 2014-01-16 20:44 | 日々のあわ

キューティ&ボクサー

c0234001_1951893.jpg

年末年始にたくさん映画を観た。
ディズニーが思いがけず素晴らしくって涙がほろり儲けものだったけれど、
なんといっても一等賞はキューティ&ボクサーだ。事実はファンタジーを超えるのだ。

篠原有司男氏(うしお=ギュウチャン)はニューヨーク在住の前衛芸術家。
パートナーの乃り子氏は19才のときギュウチャンと出遭い、20才で息子を産んだ。

ギュウチャンの名は売れているが、生活はけっして楽ではない。
あるとき、ギュウチャンの作品を30万で買うという話があった。
妻はせめて100万くらいで売らなきゃ…と止めたが、ギュウチャンは言い出したら聞かない。
トランクに作品をいっぱいに詰め出かけてしまった。

でっかい重そうなトランクを抱えてゆくギュウチャン。
80代の身体のどこにあんなバカぢからがあるんだろう。
怒っているような、呆れているような、心配しているような表情の乃り子さん。
帰ってきたギュウチャンは満面の笑顔で札束を差し出す。じ~ん。

キューティは乃り子氏の分身であり、彼女の線描画のヒロインの名前である。
あるとき路上で「ヘイ、キューティ!」と声を掛けられてピンときたらしい。
(さすがアメリカ! がしかし乃り子さんはグレイのツインテイルが魅力的な
正真正銘のカワイ子ちゃんなのだ)

40年もの間、疾走するギュウチャンのサポートをしてきた。
異国での幼な妻の育児。裕福な実家からの仕送りも断たれ、言葉では言い尽くせない
想いをしてきたであろう乃り子さんのロマンの発露が「キューティ」だった。

Art is everything.

ふたりの火花は散る。

……………………………

後日、カッコいいキューティに感銘を受けてツインテールの三つ編みにしてみたあたくし。
伴侶はいいんじゃない? って言ってくれたけど、息子たちは「…やめなよ。」ですって。
オラオラオラ、この髪で参観日に行ってやる~と脅してやりましたが、われながら
たいした似合ってなかったので、シュン。子どもは正直デス。

渋谷のシネマライズでは「モヒカンとおさげのカップル割引」を実施中!
*篠原有司男氏は、日本で初めてモヒカン刈りにした方なのだそうです。豆知識。
[PR]
# by udonge7030 | 2014-01-12 19:50 | 偏愛劇場


酒と 歌が あるから