桜梅桃李



<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


アニメ 『言の葉の庭』

雷神(鳴る神)の 少し響みて さし曇り 雨も降らむか 君を留めむ
~雨が降ったら、あなたはここに留まってくれるだろうか…

いまの季節ににぴったりの、素敵なアニメーションを観ました。
アニメは好きだけど、絵が萌え系だったりすると少し萎えてしまいます。
しかし、これは短い作品なのですが、絵の構図も脚本も本当によくできていて、
何度観てもほうっとためいきが出るのです。

都心の日本庭園。
雨が降るときまって午前に学校をさぼる靴職人を目指す少年と、
こころに傷を負って職場へゆけない女性が、ひとつの東屋で雨宿りしながら
過ごすひととき。

約束も絆もない、孤独な2人がちょっとづつ、少しづつ距離を縮めてゆく。
そんな過程が哀しく美しく描かれています。

今まで 生きてきて いまが 
今が一番 しあわせかもしれない…


見慣れた都心の風景が、こんなにも新鮮に映るなんて。
たとえば、広告の使いかたにも生活感があって、全然あざとくないのです。
これはスポンサー冥利に尽きるだろうなあ! な~んて思ったりして。

まっすぐな十代の男の子の眩しさ。大人の女の脚線の魅力。雨季の緑のみずみずしさ。
爽やかな色気があって、でもとってもいいところで終わってしまうのです。
音楽も賑やかしくなく全編に余白が、余韻があって、観る側に展望を託されるような、
静かだけど非常にちからのある映画でした。

ちなみに高校生の息子に観てもらったら、「難しかった~」と言いながらも
魅入られていたようです。息子はガンダムファン。あたしはガンダム世代だけど
まったく接点がなく話もあわないのですが、やっぱりいいものはいいんだな。

主題歌は、大江千里さんの『Rain』。作品ににぴったりでぐっときます。
今回は秦基博くんが唄っていますが、このひとの声すごく好きなんだな。
(どこかで槇原敬之さんも唄ってるんだけど、そっちもいいです。
槇原さんは顔も声もけっこう好きですね。あはは、余談でした。)

むかし、日本には恋愛という概念がなく、恋を「孤悲」(こひ)と書いたそうです。
遠くに居るひとのしあわせをそっと祈るような、胸の奥でちくっと痛むような、
そんな柔らかなきもちを想い出しました。

来る七月は、ふみの月。
誰かに手紙を書いてみようかな。

雷神(鳴る神)の 少し響みて 降らずとも 我は留まらむ 妹し留めば
~雨なんか降らなくても、ここにいるよ…

*文中の太字は万葉集の中の歌を、映画『言の葉の庭』の台詞より拝借しました


c0234001_9265271.jpg
[PR]
by udonge7030 | 2014-06-26 09:40 | 偏愛劇場

こっそり春画

c0234001_18123357.jpg



























今にもこぼれそうな瞳の、しかしやることは男前の職員さんに尋ねられた。
「書架の前でこっそり春画を見ている子がいるんですよ。10才くらいでしょうか。
近くを通ると、慌ててほかの本を手に取ったりして誤魔化しているんですけど、
どうすればいいでしょうか」

男児の母と見込んでの相談にあたしは答える。
放っておきましょう! つまりは、見守りましょ。

自分のやり方が正しいとは思わない。
けれど、親でも教師でもないものが、なんと言えばいいのだ。
マグワイに関心を持つことは、恥ずかしいことなのか?

ここで声をかけたら、恐らくその子は二度と来ないだろう。
そんな無粋なことはしたくない。しかしまあ春画とは、恐れ入りました。

もしも、大勢で見ていたらアウトですね。
みっともないし、図書館で盛り上がるのは論外よ。

では、週刊○ストとか週刊○代をこっそり覗いてる場合は?…
ダメです。雑誌書架でこっそりはありえん。
恥じらいのない子には、きっぱり注意するしかありません。


なぜ春画ならいいのか、こっそりならいいのか。
グラビアはダメなのか。その線引きはどこにあるのか。説明は難しい。
難しいという言葉でごまかしたくないけど、ひとりでこっそりと、
恥ずかしいという自覚がある子どもに禁忌を突きつけるのはいかがなものか。

明確な答えは出ないまま、悩みつつもピースしてみる。
夏至はもうすぐ。
[PR]
by udonge7030 | 2014-06-18 19:02 | 未司書の世界

茨木のり子展

  
  僕の仕事は 視ている
  ただ じっと 視ている事でしょう?

  晩年の金子光晴がぽつりと言った
  まだ若かった私の胸に それはしっくり落ちなかった

  視ている ただ視ているだけ?
  なにひとつ動かないで? ひそかに呟いた

  今頃になって沁みてくる その深い意味が
  視ている人は必要だ ただじっと視ている人

  数はすくなくとも そんな瞳が
  あちらこちらでキラッと光っていなかったらこの世は漆黒の闇

  でも なんて難しいのだろう 自分の眼で
  ただじっと視ているということさえ
  

  ~ 『瞳』 茨木のり子

c0234001_3434513.jpg



























世田谷文学館の茨木のり子展へゆく。
企画したひとたちの熱の入れようや、集ってくるひとたちの志のようなものが
伝わってくる、本当によい展示だった。

フロントの脇のソファーに座って池の鯉を眺めたり、
天井に映る光の戯れをぼんやりと追ってみたり、
図録を眺めて過ごすにもうってつけの、お気に入りの場所。

平日の昼間ののどかさ。
みんなそれぞれなにかしら波を受けて、胸の中に温かなお土産を抱えて帰ってゆくんだろう。
6月29日(日)まで開催中。


さて、茨木先生に影響を受けて、手紙や日記をできるだけ縦書きで書くことにした。
こういうテキストはしょうがないけどね… 
日本語の詩は当然縦書きなのだ。気がつくとなにもかも横書きになっていて、
それに対してまったく疑問を抱かなくなっていた。

この機会に3年連用日記を購入。
縦書き仕様の日記帖は少ないのであまり選びようもないのだが、よい買いもの。
1頁が1日×3年分なので、その日会った人や、どこでなにをしたか等
気になったことを記すだけのスペースしかない。

連用日記は簡単に読み返せてしかも面白い。
そのときの関心のありかや関わるひとは可笑しいくらいにどんどん変わる。
まるで別人のような自分に驚いてしまう。

さっき、とても怖い夢を見た。夢の中で泣き叫んでいた。
ああ、あのことはまだ終わってないのだなあ、とため息をついた。
こういうことも簡単に書き留めておく。

しかし、なぜにこうも飽かずに書くのかね、あたしは。
[PR]
by udonge7030 | 2014-06-09 03:44 | 偏愛劇場


酒と 歌が あるから