桜梅桃李



<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ふたりでお茶を

c0234001_20333775.jpg

本日は伴侶共々お休み、という訳で、久しぶりに中華街へ行きました。
おおおおおお、携帯替えたら写真がきれい。

剣友(クレイジーケンバンドファンの友人)T女史のブログ横濱大作戦
で知った中華街・関帝廟通りの悟空茶荘にてお昼ごはん。
ここは老舗のようで、1階はお茶と茶器のお店。
2階は中国茶メインのカフェになっています。平日のためか空いていて、
とてもゆったりとした時間を過ごすことができました。

お店はなんというか、きれい過ぎない、お洒落過ぎないところがいい。
ランチには小さな杏仁豆腐とスープ、ザー菜が付いているのですが、
欲張って悟空セット(肉まんとドライフルーツとマーライカオ)も追加。

ランチセットのお茶はマグですが、ちゃんと差し湯もついてきました。嬉しい・・・

c0234001_20443040.jpg



























その後、山下公園を歩きましたが、天気はよいものの寒いのなんのって。
かもめや鳩、すずめ、お散歩中の犬、アベック、子どもたちがいっぱい。
海に面したベンチには、渋い初老の紳士やおじいさんがいっぱい。
港町は男の町なのかな。ヤンキーも多いね。

山下公園へ行くと、伴侶はかならず「想い出の場所」へ足を向けます。
ンなもん覚えてるわけないべさ! と悪態をついてみたりしますが、
本当は覚えているのです。あのとき着ていた服とか、帽子も・・・。
しかし、あたしは伴侶ほどロマンチストではないみたい。


美味しいものを食べるときまって、子どもたちも連れて来たいねえという話に
なるのですが、中華街は未だ。ごめんよ。いつも大人だけで。
せめて気持ちだけでもと、肉まんとごま団子をお土産にしました。

でもね、両親の仲がいいって、子どもにとって1番の滋養だと思うのです。
これは惚気じゃなくって、本当に大切なこと。子どもがいなくても伴侶は大切だし、
伴侶がいなくても自分が大切なのです。

子どもが大事なのは当たり前。でも、それ以前に夫婦、それ以前に自分。
自分と仲良くって、案外難しい。


家に戻って、お土産の肉まんを蒸かしながら「今日はデイトだったの。」と告げると、
「へ? かあさんってデートするの?」と二子。

…アンタね、人妻だって中年だってデイトぐらいするわよ。覚えときな。


追伸)三子は本日、先生から「宿題の字がクラスで1番キレイ」と褒められたとのこと。
ふふふ、宣誓した甲斐があったようだな。(ニヤッ
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-27 22:34 | 偏愛劇場

ちかい

最近の三子(小1)の態度が酷すぎるので、ノートに誓約書を書かせてみた。


けしごむをなくしません。

えんぴつをかじりません。

しゅくだいを学校へもっていきます。

字をていねいにかきます。 印



息子はこの1年間で、かなりの数の消しゴムをなくしている。
友だちにあげているとか、取られている様子もないので、落としても
執着しないのだろうと思われる。

そのうえ、鉛筆のおしりをかじる、かじる。
それは、アンタはカミキリ虫かいというほど酷く、鉛筆はボロボロだ。
自分も子どもの頃、爪を噛む癖があったので、なにか寂しいのかな、
いずれ落ち着くかなと見守ってはいるのだが。

宿題。引き算はできるが、どうも嫌いらしく、プリントの引き算の
マイナスに線を1本足し、足し算に替えていることがあり、
大いに呆れもしたが、なんて度胸があるのだろう! と少し感動もした。

また、せっかくやった宿題プリントを提出しなかったり、嫌いな作文の
プリントはおもむろに捨てたりしていることもあり。

言い替えればまあ、どれもこれも親がだらしない結果なので、お恥ずかしい。

息子たちは、とくに秀才でもスポーツ万能でもないし、
ちっともモテてもいないが、それぞれいい子だと思う。

強いていえば、強いていえばこれでも、三子の出来が1番いいのだ。
さんびきのこぶたの物語の通りに、賢くてガッツもある。
なのに、なのに1番手もかかる(泣笑

宣誓文は、ときどき暗誦させている。
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-25 15:40 | 日々のあわ

就労

c0234001_1402850.jpg写真)お気に入りのカフェからの眺め

どんげです。

今月、某図書館での就労が決まりました。条件は、①育児や自営業と両立できること。(まあ、本当のところ両立なんて不可能です。スーパーマンじゃあるまいし… そんなに立派じゃないっス。)②歩いて通えること。

先日研修を終えたのですが、肉体労働&サービス業かなと思っていたら、ものすごい事務の量。奉仕二割、肉体三割、事務5割。元気で超臨機応じゃないと勤まりません。まるでバッティングセンターのようです。




事務はどんな仕事にもつきものですが、大の苦手。
できれば誰かにやってもらいたいくらいなので、1日めは辞めようかと思いました。
でも、日に日に慣れてきました。なんとかなりそうです。

たとえば、インストラクターは掃いて捨てるほどいます。
自分よりも素晴らしいインストラクターは大勢います。
でも、あたしはひとりしかいませんので、こちらの都合で休むことはできません。

パートの仕事は、その施設の顔なので、個を押し出すことは望まれていません。
自分じゃない誰かでもいいわけです。

前者は「やりたい仕事」で、後者は「できる仕事」です。
あたしはずうっと、やりたいことばかりやってきたので、それ以外の仕事が
できることが新鮮でなりません。学歴もキャリアもないけれど、好奇心は絶えません。
「できること」は案外あるものだと感動しています。年をとったことで、
いろいろなことを受け止められるようになったのでしょうか。

しかし、公共施設なので知った顔によく会います。私服で働いていますが、
地味目にしていますし、まあ顔も地味なんで(笑)気づかないかもしれませんが、
なんだか照れくさいですね。さあ何ヶ月、何年続くのかな?

日本もいずれ、ギリシャのように破綻する日が来るかもしれません。
未来を悲観視するのではなく、可能性のひとつして、ときどき考えることがあります。
食物も安全とは言えません。会社も潰れるかもしれませんし、
インストラクターの仕事は役に立ちそうにありません。

そんなとき、なにを活かせるのか。なにを運用できるのか。
誰と一緒にいたい? 何を食べるのか。どうやって食物を手に入れるのか。
棲家は? 病気になったら? 考え出すときりがありません。

なにがあっても、家族や大切なひとと支えあって、楽しんで、希望をもって生きてゆこう。
子どもに伝えたいのは、この一点かな。
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-25 15:05 | 未司書の世界

無料上映会のお知らせ 

東日本大震災から1年 ~私たちの美しい東北の彼地に思いを寄せて~      
原発ドキュメンタリーDVD 無料上映会のお知らせ 

とき)2012年3月20日(火・祝)10:30~(10:00開場)
14:00~(13:30開場)
ところ)調布文化会館たづくり 映像シアター        
参加費)中学生以上 全席無料 要予約 
   
*たいへん静かな映画のため、小さいお子さんはご遠慮して
 いただいておりますが、ねんねの乳児さんなど可能な場合も
 あります。ご相談下さい。     
      
*会場で「福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト」への
 寄付金を集めています。  

主催 調布市助産師会       
申し込み・問い合わせ マザリーズ助産院 m_tanaki@fb3.so-net.ne.jp


c0234001_2033638.jpg
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-15 20:04 | おしらせ

村上 龍 『心は あなたのもとに』

c0234001_19254333.jpg

物語の舞台は2001年の東京。
投資組合を経営する西崎は、風俗嬢サクラ(本名:香奈子)と出逢う。男は仕事が忙しく、
家族がいる。女は1型糖尿病を患っており、ときどき昏睡状態に陥ったり、入退院を
繰り返している。会いたいときになかなか会うことが叶わない2人を繋ぐものは、
メイル交換と「ある約束」だ。

以下引用(太字

病気になって、離婚して、わたしは、もう自分の人生はだいたい終ったなと思ったんです。
先が見えるっていうか、将来がこんなものだろうってわかるっていうか。(略)
夫もそうだけど、わたしの回りには、本当は人生がだいたい終ってしまった人がたくさんいて、
あ、この人もそうだ、あの人もそうだって、自分でよく見えるようになりました。

終ったひとには特徴があって、それは、出会いがないのです。何かが変わってしまうような、
人生観とか、自分への気持ちとか、そういうものが変わってしまうような出会いがないひとなのです。
わたしは、もうそういう出会いはないんだと決めて、それは苦痛じゃなくて、楽だったのです。


子犬を撫でながら蝶の羽をむしり取る子どもがいるが、優しさは残酷さと裏表の関係にある。
優しさは、他人に親切なことでもソフトに接することでもなくて、他人への関与の度合いに
優先順位をつけることだからだ。(略)他人に関与することへの飢えは、おそらく誰か他人から
関与されたいという欲求の裏返しなのだ。



この物語のもうひとつのテーマは、1型糖尿病への認知を促すことにある。
若年性糖尿病とも呼ばれ、日本には数万人の患者がいるが、社会的な理解が
充分ではないという。

病気と健康って、そんなにはっきりと分けられるものでしょうか、(略)
健康ブームって言うんですか、健康でなければいけないみたいな風潮で、
わたしは、よく傷つくんですね。(略)

末期の癌の人たちとか、精神の病気の人とか、同じだと思うんですが、わたしたちは
病気とともに生きてるんですね。でも、本当はみな同じじゃないかと思うときがあるんです。
うまく言えないんですけど、誰だってどこかに何かを抱えてるっていうか、何かあって、
わたしたちはたまたまそれが表に出ているだけだって、わたしはそういう風に考えるように
なったんですね。



あるとき西崎は、しばらく香奈子からメイルが来ないことに不安を覚え、連絡を取ろうとするが、
返信がない。数日後、香奈子の弟から、姉が死にました というメイルを受け取る。

西崎さんになにもしてあげられないのが辛い、いつだったか香奈子はそんなことを言った。
そんなことはないと、そのときに言えばよかった。誰かを大切に思う気持ちは、
何かを変化させ、いつか必ず相手に届く。



常々感じることなのだが、愛のない人間ほど「愛」を連発し、他者にも強要する。
作者は、たぶん用心深くその言葉を避けている。西崎の最優先事項は仕事であり、
香奈子のそれは恋愛である。どんなに大切なひとであっても、自分が関与できない、
そのひと固有の世界があり、愛すれば愛するほどに、その現実を受け入れなければならない。

「心はあなたのもとに」 それは、香奈子がメイルの末尾に添えていた言葉。
痛みを伴うけれど、なにか美しいもの… 男女間の性的刺激と信頼関係のバランス。
好きなひとを大切に思うきもちや、いのちの重みに震えた。何度も、何度も読み返した。
読んでも、読んでも、馴れ合いにならない作品だと思う。

最後に、西崎の妻の極上の台詞を。

わたしは、成功している人より、イヤなことをやらない人が好きだな。
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-12 19:39 | 偏愛劇場

マタ二ティ・ヨーガ

マタニティ・ヨーガって何?

ヨガはお産に必要な体力をつけたり、不快な症状を緩和する。
呼吸法やしゃがみこみが楽にできるようになると、出産が上手くいくというデータもある。
でも、それだけじゃないよね。

ヨガは、自分を知るための道具。
いま・ここにいることを味わい、身心の感覚に気づくための。
それだけに、人生を変えてしまうこともある。

妊娠中のヨガの時間は、なんともきもちがよかった。
妊娠中のセックスも最高だったし、ひとりでいてもなんとなく満たされてた。
子どもを産んで、家族との暮らしを通して、ちょっとはまともな人間になったような気がする。

子どもを授かっても、変わらないひともいる。
子どもがいなくても、慈悲深いひとはたくさんいる。
そこに優劣や正邪はない。出逢いとは、それほどに個人的なものだ。

でも、生きている限りは、自分を知りたい。誰かを知りたいし、出逢いたいと思う。

ヨガの後で、車座で思い思いの話をしたり、じっと耳を傾けたり、
ときには美味しい白湯とおやつをいただいたり。
その一連のすべてが、マタ二ティ・ヨーガなのです。

                                        
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-09 21:27 | 繁殖記

シンパシィ

c0234001_19431724.jpg



























シンパシィとは同情・共感・共鳴の意であるが、
今回のテーマには共鳴がふさわしいのではないかと思う。

母の誕生日にも母の日にも電話はしたが、なにも贈りものをしていないので、
父の日と一緒でいいやと(毎年のこと…ごめんね)銀座の民藝店『たくみ』へ。

母娘はそれぞれ民芸品好きである。が当然好みは違う。
あたしはたとえば花ござとか、胡桃の木の皮で編んだかごとか、
モダンな家具や洋服にもしっくりなじむ素朴で簡素な道具を好む。

母はこけしなんかも好きなようだ。
悪くはないとは思うし、作家ものはそれなりの値打もあるらしい。

がしかしの女、『たくみ』で自分に似たこけしを見つけてしまった。
自画自賛のようだが、それは簡素で可愛い顔をしているのだ。
こけしのなかには不気味な顔もあるが、その子は寂し可愛いのだった。

現在は老化が進み、目が落ち窪んで魔女っぽいのだが
若かりし頃は一筆書きできるような純和風顔だったのだ。
ついでに10代の頃、清志郎にメロメロだったのだが、清志郎の20才前後の
写真を見て驚いた。だって、そっくりなんだもの。

思い出して清志郎の画像を検索してみたら、息子たちが見てゲラゲラ笑う。
やはり気のせいではなかった。わが面構えはこけしにも清志にも共鳴しているのだ。
が何故か清志はそのこけしとはほとんど似ていないのだった。


c0234001_180890.jpg
若かりし頃の清志郎。
髪の毛サラサラ♪



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1968年生まれ。

ペンネームの由来は、三千年に一度開くという伝説の花、
優曇華(うどんげ)から拝借。

ブログタイトルは、おうばいとうりと読みます。
桜・梅・桃・李(すもも)、それぞれがその花なりに美しい。
あなたもあたしもそうだよね というような意味をこめました。
[PR]
by udonge7030 | 2012-02-08 10:37 | 横顔


酒と 歌が あるから